a.depeche 京都八条店/ア.デペシュ

a.depeche 京都八条店/ア.デペシュのイメージ画像
住所 〒601-8417 京都市南区西九条鳥居口1番地イオンモールkyoto Sakura館 3F
TEL/FAX TEL.075-644-9225
FAX.075-644-9223
営業時間
定休日
10:00~21:00
-
ホームページ http://www.a-depeche.com
その他 オリジナル家具、セレクト家具、生活雑貨、インテリア小物、ステーショナリー、アパレルなど
シンプルだけど、どこか懐かしい。
素材と素材が互いを生かし合うニュアンス。
さりげなく主張する。
相反するものが共存する洗練。
使い込んで馴染む。
そんな心地よいライフスタイルを提案しています。

素材感が伝わるオリジナル家具を中心に、その家具達にあう生活雑貨やインテリア小物、ステーショナリーやアパレルなど、 トータルコーディネートできるライフスタイルショップです。
オリジナルアイテムを中心にインテリアに精通した直営店ならではのスタッフが直接ユーザー様に熱意あるご説明とサービスを提供し、 商品と共にブランドの想いもお届けいたします。

a.depeche ならではの空間を提案するゆったりとした家具売り場と
そんな空間に合う雑貨、アパレルなどのアイテムが数多く並ぶ店内では
どこか心地よい空気感を存分に感じて頂けます。

お近くにお立ち寄りの際はぜひ八条店へご来店ください。

●● a.depeche ブランド コンセプト ●●
立ち上げ当初から
「家具を提案する」
「雑貨を提案する」
ではなく、空間を提案できるメーカーに
なれればと考えております。
小さなお店をつくる感覚を持ち続ける
メーカーでありたいと心がけています。

テイストは
「パリのアパートメントの一室」
をイメージし、国籍や人種、色味、素材に偏った
固定観念を持つことなく、
ミックス・コーディネイトできることを
常に考えています。
気に入ったものを集めいていく、
コレクターの様な空間が出来ればと思っています。

例えば明るい色と暗い色、
鉄と木、木と生地、
古いものと新しいもの、
女性的なものと男性的なもの等、
異なるものの組み合わせで
どこか心地よい空間をつくり、
ひとつの新しいスタイルとして
お客様に少しの喜びを感じて頂けたらと
願っています。

a.depeche 京都八条店/ア.デペシュ

a.depeche 京都八条店/ア.デペシュのイメージ画像
住所 〒601-8417 京都市南区西九条鳥居口1番地イオンモールkyoto Sakura館 3F

TEL
FAX
TEL. 075-644-9225

FAX.075-644-9223
営業時間 10:00~21:00
定休日 -

ホームページ http://www.a-depeche.com
備考 オリジナル家具、セレクト家具、生活雑貨、インテリア小物、ステーショナリー、アパレルなど

その他 シンプルだけど、どこか懐かしい。
素材と素材が互いを生かし合うニュアンス。
さりげなく主張する。
相反するものが共存する洗練。
使い込んで馴染む。
そんな心地よいライフスタイルを提案しています。

素材感が伝わるオリジナル家具を中心に、その家具達にあう生活雑貨やインテリア小物、ステーショナリーやアパレルなど、 トータルコーディネートできるライフスタイルショップです。
オリジナルアイテムを中心にインテリアに精通した直営店ならではのスタッフが直接ユーザー様に熱意あるご説明とサービスを提供し、 商品と共にブランドの想いもお届けいたします。

a.depeche ならではの空間を提案するゆったりとした家具売り場と
そんな空間に合う雑貨、アパレルなどのアイテムが数多く並ぶ店内では
どこか心地よい空気感を存分に感じて頂けます。

お近くにお立ち寄りの際はぜひ八条店へご来店ください。

●● a.depeche ブランド コンセプト ●●
立ち上げ当初から
「家具を提案する」
「雑貨を提案する」
ではなく、空間を提案できるメーカーに
なれればと考えております。
小さなお店をつくる感覚を持ち続ける
メーカーでありたいと心がけています。

テイストは
「パリのアパートメントの一室」
をイメージし、国籍や人種、色味、素材に偏った
固定観念を持つことなく、
ミックス・コーディネイトできることを
常に考えています。
気に入ったものを集めいていく、
コレクターの様な空間が出来ればと思っています。

例えば明るい色と暗い色、
鉄と木、木と生地、
古いものと新しいもの、
女性的なものと男性的なもの等、
異なるものの組み合わせで
どこか心地よい空間をつくり、
ひとつの新しいスタイルとして
お客様に少しの喜びを感じて頂けたらと
願っています。