お庭のことなら花椿 HANATUBAKI

お庭のことなら花椿 HANATUBAKIのイメージ画像
住所 〒596-0102 大阪府岸和田市山直中町367-1
TEL/FAX TEL.072-445-8701
FAX.072-445-8702
営業時間
定休日
AM10:00~PM6:00
毎週火曜日、年末年始
ホームページ http://hanatsubaki-fa.co.jp/
その他 花椿の基本理念   <6つの約束>

● 地域にお店をかまえることでお客様の暮らしに密着し、きめ細やかなサービスを行ないます。
● 大きな外構、造園、改装などから、植木1本の植え替えに至る小さなものまで、あらゆる生活関連のプランづくりと工事体制を整え、対応させていただきます。
● 施工付きの対応だけではなく、材料のお取寄せ・販売等も責任を持って行ないます。
● 草花、植木、各種関連グッズの販売も行い、お気軽に何度でも楽しく足をお運び頂けるようなお店作りを行ないます。
● 各種教室、イベント、その他の情報交換の場等を用意し、お店がコミュニケーションの場となれるよう、つまり、地域情報ステーションとしての役割が果たせるよう努力して参ります。
● アフターサービスにも万全を期し、長くお付き合いいただき、本当によかったとお褒めいただける『生活提案型』のショップをスタッフ一丸となって目指します。
http://hanatsubaki-fa.co.jp/
エクステリア業界在籍26年のベテランアドバイザーが告白

「安かろう、悪かろう」が蔓延 もう見ていられません。
近年さらに加速するエクステリア業界の価格競争…。お客様にとっては価格が安いに越した事はないと思いますが、 価格に伴い工事品質の低下・デザイン性の低下が著しい様に思われてなりません。
さらに、お客様のライフスタイルに合わせた使い勝手が無視されていること一生のうちでおそらく一番大きな買い物となるでしょうマイホーム。 数ヶ月から年単位での打ち合わせを経て、多くの方が初体験の中で試行錯誤しながら手に入れられたマイホームが、 最終仕上げ段階でがっかりする結果に終わってしまう事が非常に多い事。
私は満を持してこの業界の改革に立ち上がりたいと考えています。
最近当店へご来店頂けるお客様の中にも、外構付分譲住宅をご購入されて出来上がりを見てびっくり、というお客様が何組もご相談におみえになります。
建築の打ち合わせには住宅営業マンもお客様も、かなりエネルギッシュに丁々発止しながらお互い損をしない様に白熱したやりとりがあると聞いています。
しかし、いざ外構工事の打ち合わせとなると、さらりと
「これが標準プランです。変更は追加○○万円くらい必要です。」
住宅の営業さんは家を売るのが仕事ですから、外構(エクステリア)工事に関しては、あまり興味がなく手短に。
建築中の仕様変更(グレードアップ)に多額の追加請求も重なり、お客様は 渋々「お任せします」。
その結果、予算のしわ寄せを受けて施工された外構(エクステリア)工事はプロの目から見るとやはり散々です。
建物の中は道行く人には見えませんが、建物の周囲は意外とよく見られているもので、そのイメージの良し悪しで 暮らす人の印象を左右してしまうといっても過言ではありません。
エクステリアはいわば住まいの衣装です。お菓子のおまけ的な考えを改めなければ後悔するお客様は後を絶ちません。
私の聞く話では、中京地方では家を建てる際に、家はハウスメーカーさん・工務店さん・大工さんへ依頼し、エクステリアは、エクステリア専門店へ依頼するというのが常識となっているそうです。
その結果、かなりハイセンスな住宅が多いと聞いております。
やはり餅は餅屋です。
私は地域性の壁を乗り越えて、『安かろう、悪かろう』が蔓延している非常識な常識を改めたく思い、この泉州地区にもっとたくさんの質の高いエクステリア専門店の参入を願うと共に地域活性の為に安くても質の高いエクステリアを地域に広報し続けます。

お庭のことなら花椿 HANATUBAKI

お庭のことなら花椿 HANATUBAKIのイメージ画像
住所 〒596-0102 大阪府岸和田市山直中町367-1

TEL
FAX
TEL. 072-445-8701

FAX.072-445-8702
営業時間 AM10:00~PM6:00
定休日 毎週火曜日、年末年始

ホームページ http://hanatsubaki-fa.co.jp/
備考 花椿の基本理念   <6つの約束>

● 地域にお店をかまえることでお客様の暮らしに密着し、きめ細やかなサービスを行ないます。
● 大きな外構、造園、改装などから、植木1本の植え替えに至る小さなものまで、あらゆる生活関連のプランづくりと工事体制を整え、対応させていただきます。
● 施工付きの対応だけではなく、材料のお取寄せ・販売等も責任を持って行ないます。
● 草花、植木、各種関連グッズの販売も行い、お気軽に何度でも楽しく足をお運び頂けるようなお店作りを行ないます。
● 各種教室、イベント、その他の情報交換の場等を用意し、お店がコミュニケーションの場となれるよう、つまり、地域情報ステーションとしての役割が果たせるよう努力して参ります。
● アフターサービスにも万全を期し、長くお付き合いいただき、本当によかったとお褒めいただける『生活提案型』のショップをスタッフ一丸となって目指します。

その他 エクステリア業界在籍26年のベテランアドバイザーが告白

「安かろう、悪かろう」が蔓延 もう見ていられません。
近年さらに加速するエクステリア業界の価格競争…。お客様にとっては価格が安いに越した事はないと思いますが、 価格に伴い工事品質の低下・デザイン性の低下が著しい様に思われてなりません。
さらに、お客様のライフスタイルに合わせた使い勝手が無視されていること一生のうちでおそらく一番大きな買い物となるでしょうマイホーム。 数ヶ月から年単位での打ち合わせを経て、多くの方が初体験の中で試行錯誤しながら手に入れられたマイホームが、 最終仕上げ段階でがっかりする結果に終わってしまう事が非常に多い事。
私は満を持してこの業界の改革に立ち上がりたいと考えています。
最近当店へご来店頂けるお客様の中にも、外構付分譲住宅をご購入されて出来上がりを見てびっくり、というお客様が何組もご相談におみえになります。
建築の打ち合わせには住宅営業マンもお客様も、かなりエネルギッシュに丁々発止しながらお互い損をしない様に白熱したやりとりがあると聞いています。
しかし、いざ外構工事の打ち合わせとなると、さらりと
「これが標準プランです。変更は追加○○万円くらい必要です。」
住宅の営業さんは家を売るのが仕事ですから、外構(エクステリア)工事に関しては、あまり興味がなく手短に。
建築中の仕様変更(グレードアップ)に多額の追加請求も重なり、お客様は 渋々「お任せします」。
その結果、予算のしわ寄せを受けて施工された外構(エクステリア)工事はプロの目から見るとやはり散々です。
建物の中は道行く人には見えませんが、建物の周囲は意外とよく見られているもので、そのイメージの良し悪しで 暮らす人の印象を左右してしまうといっても過言ではありません。
エクステリアはいわば住まいの衣装です。お菓子のおまけ的な考えを改めなければ後悔するお客様は後を絶ちません。
私の聞く話では、中京地方では家を建てる際に、家はハウスメーカーさん・工務店さん・大工さんへ依頼し、エクステリアは、エクステリア専門店へ依頼するというのが常識となっているそうです。
その結果、かなりハイセンスな住宅が多いと聞いております。
やはり餅は餅屋です。
私は地域性の壁を乗り越えて、『安かろう、悪かろう』が蔓延している非常識な常識を改めたく思い、この泉州地区にもっとたくさんの質の高いエクステリア専門店の参入を願うと共に地域活性の為に安くても質の高いエクステリアを地域に広報し続けます。

http://hanatsubaki-fa.co.jp/